ブドウの選択

シャンパーニュロンバールは100ヘクタール分のブドウを細かく分けられたパルセレール(区画)ごとに買い付けています。シャルドネのグラン・クリュは主にコート・デ・ブランのル・メニル・シュール・オジェ、シュイイ、アヴィーズ、クラモンから、プルミエ・クリュはヴェルチュ、グローブから買い付けています。ピノ・ノワールはプルミエ・クリュとグラン・クリュ共にモンターニュ・ド・ランス東部から買い付けています。

シャンパーニュ地方の17あるグラン・クリュのうち11か所からシャンパーニュロンバールは買い付けており、それらの高品質のブドウはロンバールのシャンパンに深いミネラル感と複雑な味わいを出してくれます。

アッサンブラージュと熟成

高品質のブドウの特性と品質を保ち酸化を避けるために、圧搾は常にブドウの収穫された地区で行われ、ブドウ果汁は圧搾後すぐにエペルネ市内のロンバールの醸造所に届けられ即時にワイン造りが始まります。

シャンパーニュロンバールの醸造所では各テロワール、各リュー・ディに細かく分けられ、それぞれのブドウの生産量に見合ったステンレスタンクに分けて入れられアルコール発酵をさせています。これらワインは全体、または一部をオーク樽で発酵させた後アッサンブラージュさせています。

私たちはブルゴーニュ地方と同様にいくつかのテロワールとパルセレールのアルコール発酵にオーク樽を使用しています。この過程を通して生まれたワインは時により力強く複雑な味わいになることが明らかになっています。そしてアッサンブラージュ中は理想的な状態でステンレスタンクで発酵、熟成されワインを繊細で完璧なものへ仕上げます。

味わいを複雑にする熟成期間

ワインが瓶詰めされた後、100年以上前に造られた古いカーヴでプルミエ・クリュは2、3年間、グラン・クリュは5年以上ゆっくり熟成され、繊細な泡が生まれシャンパンへと変化していきます。時間と共にナチュラルでバランスの取れたものとなり、各テロワールとパルセレール由来のアロマが引き出され味わい深いシャンパンへと熟成されていきます。

デゴルジュモンは各キュベの潜在的可能性を解放することを可能にします。これらはひとつひとつ試飲された後、エレガントさ、複雑さ、本物であるかを問いただしながら、エクストラ・ブリュット(超微量ドザージュ)にするかブリュット・ナチュール(ドザージュゼロ)にするか決められ、ロンバールのシャンパンらしさを表現します。